顔を洗って鏡を見ると、「ん?こんなところにシミなんて、あったっけ?」と感じたこと、ありませんか?
30代を過ぎると、体がたるんできたり疲れやすくなったりするだけでなく、お肌にも変化がでてきます。
特に気になりやすいといわれているのが、シミやくすみです。
若い頃に日焼けを気にせず楽しんでいた方は、30代を過ぎてから後悔してしまうことも。

なかには、日頃から美白化粧水などでしっかりと美白ケアをしている方もいるでしょう。ただ、なかなか効果を実感できないという方もいるかもしれません。
もしかするとそれは、体の中が美白に導ける状態になっていないのかも……。

美白ケアは、体の外からだけでなく体の中からケアする必要があります。
そこでおすすめなのが、美白サプリです。
美白サプリを積極的に摂取することで、体の中から効率的に美白ケアが行なえます!

ただ、なかには「サプリって本当に意味あるの?」と考えてしまう方もいるかもしれません。
そこで今回は、美容業界で働いていた美容ライターの私が、知識と経験を踏まえて美白サプリの優れた効果ついてご紹介します!シミやくすみが気になりはじめた方、必見です!!

どう働きかける?美白サプリの作用とは

日焼けする女性

そもそもシミができるメカニズムって?

紫外線を浴びると、ダメージから肌を守ろうと防衛機能が働きます。このときに分泌されるのが、シミの原因となる「メラニン」です。女性を悩ませるメラニンは、実は紫外線から肌を守ろうとする働きなのです。つまり、黒い日傘で紫外線から肌を守るようなイメージですね。
メラニンが作られても、新陳代謝が活発であれば肌のターンオーバーによりメラニンは排出されます。ただ、代謝能力が低下していると、ターンオーバーがうまく行われずメラニンが蓄積し、シミになってしまうのです。

肌に必要な栄養素を手軽に補える

美白効果の高い栄養をしっかり摂り入れると、体の中でメラニンの生成を抑えたり、代謝を促してメラニンを排出させたりできます。それには、毎日の食事で積極的に美白効果の高い栄養素を摂り入れることが大切です。しかし、なかなか食事に気を遣えない方もいますよね。また、食事だけでは十分に補えない栄養素も。

そこでおすすめなのが、美白サプリです。美白サプリであれば、食事だけでは十分に補えない美白に必要な栄養素を手軽に補えます。

摂取する際の注意点

 美白サプリは、健康補助食品の一種です。
そのため、医薬品のように即効性を期待することはできません。あくまで不足しがちな栄養素を手軽に補える手段にすぎないため、継続して摂り続けることが大切です。毎日コツコツ摂取し続けることで栄養が体に行き渡り、効果を実感できるようになります。

美白に導く!美白サプリの有用成分とは

黄色いサプリ
美白に導く有用成分は、主に3つのタイプに分けられます。その3つのタイプとは、「シミができるのを予防する成分」と「できてしまったシミを薄くする成分」、そして「どちらにも適している成分」です。

シミを予防して美白ケアする成分

・アルブチン                                                                                                   
コケモモや梨などの植物に含まれる成分のこと。メラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害する作用があります。

・トラネキサム酸                                                                                              
人工合成されたアミノ酸のこと。チロシナーゼの働きを抑制する作用があり、肝斑(かんぱん)の治療薬にも用いられる成分です。

・コウジ酸                                                                                                    
醤油や味噌、酒などに含まれる麹菌から作られる成分のこと。チロシナーゼの働きを抑制します。

・ニコチン酸アミド
ビタミンB群の一種で、水溶性ビタミンのこと。別名「ナイアシンアミド」とも呼ばれ、作られたメラニンが肌表面に出てくるのを防ぐ働きがあります。

できてしまったシミを薄くする美白ケア成分

 ・リノール酸S                                                                                                 
チロシナーゼの分解作用を持ち、肌のターンオーバーを促してメラニンの排出を助けます。

・エナジーシグナルAMP                                                                                     
肌のターンオーバーに着目して開発された天然酵母由来の成分のこと。代謝能力を高め、肌のターンオーバーを促してメラニンの蓄積を抑制します。

シミを予防&薄くする美白ケア成分 

・ビタミンC
水溶性ビタミンの一種。メラニンの生成を抑え、肌のターンオーバーを促しメラニンの排出を促します。また、コラーゲンを生成する成分でもあり、肌に潤いを与えるなど体に欠かせない栄養素でもあります。                                                                                       

・ビタミンC誘導体                                                                                           
水に流れやすい性質を持ち、化粧品に配合すると壊れやすいビタミンCを安定的に肌へ浸透させやすくした成分のこと。チロシナーゼの働きを抑制してメラニンの生成を抑えるだけでなく、作られたメラニンの排出を促す働きもあります。

・プラセンタエキス   
豚や馬などの胎盤から抽出した成分のこと。メラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニンの色素沈着を阻害する働きや、代謝を促してメラニンの排出を助ける働きもあります。

・L-システイン
アミノ酸の一種。メラニンの生成を抑えるだけでなく、肌の代謝を促してメラニンの排出も助けます。

美白サプリはいつ摂るのがベスト?摂取する際のポイント

コップ一杯の水
・食間がベスト
                                                   
美白サプリは健康補助食品のため、基本的にはいつ摂取しても構いません。
ただ、ビタミンCを含む美白サプリを摂取する場合は、食間の空腹時がベスト。水に溶けやすいビタミンCは油に溶けにくい性質もあるため、食後に摂取すると胃の中の油によって吸収されにくく、そのまま排出されてしまう可能性があります。なお、ビタミンCが体内に留まるのは数時間といわれており、その間に何の問題もなく体に吸収されるようサプリの摂取後はしばらく食事を摂らない方がよいでしょう。

・飲み合わせに注意しよう     
美白サプリを摂取する場合は、飲み合わせにも注意する必要があります。ほかにも複数のサプリメントを摂取している場合、配合成分に同じ種類があると過剰摂取につながってしまうことも。
たとえば、ビタミンCを過剰に摂取してしまうと稀に下痢や尿路結石が生じたり、ビタミンEを過剰に摂取してしまうと稀に出血しやすくなったりしてしまうため注意が必要です。

選び方が大切!美白サプリの選び方

白い花

美白成分の含まれたサプリを選ぶ

本気で美白を目指すなら、美白に有用な成分がしっかりと含まれた美白サプリを選びましょう。成分の見分け方は、先ほどもお伝えした通りです。シミを予防したいならアルブチンやトラネキサム酸などが含まれた美白サプリを、既にできてしまったシミを薄くしたいならリノール酸SやエナジーシグナルAMPなどが含まれた美白サプリを、シミを予防するだけでなく薄くしたいならビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど含まれた美白サプリがおすすめです。

摂り続けられるサプリを選ぶ

・購入しやすいもの                                                                                           
美白サプリは、毎日摂り続けることではじめて効果を実感できるようになります。そのためには、購入しやすいものを選ぶことが大切。経済的に負担なく買い続けられるものを選びましょう。

・体質に合うもの                                                                                             
毎日摂り続けるサプリは、体質に合うものを選ぶのがベスト。体に合わなければ意味がないので、体質に合うものを選ぶようにしましょう。摂取しはじめて気分が優れない場合は、無理せずに控えることをおすすめします。

市販で買えるものも!?美白サプリのおすすめランキング

さまざまなサプリ

市販でお手軽♪DHCビタミンCハードカプセル

街の薬局やコンビニなど市販で購入できるDHCのビタミンCハードカプセル。
レモン約33個分のビタミンCが一粒にギュッと凝縮されており、その働きをサポートするビタミンB2も含まれています。市販で手軽に買えるため、人気の高い美白サプリです。

・内容量:60粒
・価格:250円

CMでもお馴染み♪市販で買えるハイチオールC

こちらも薬局など市販で購入できるエスエス製薬のハイチオールC
3類医薬品で、新陳代謝を促します。日焼けすることでメラニンが過剰に作られたとしても、肌のターンオーバーによりそれらをしっかりと排出します。

・内容量:60錠
・価格:1,500円

ネットで話題沸騰!ホワイピュア

 市販では購入できないものの、ネットや各メディアで話題を集める健康日本堂のホワイピュア。
美白の有用成分であるビタミンCL-システインを含み、メラニンの生成と沈着を抑えます。また、ビタミンB2B6が肌のターンオーバーも促し、作られたメラニンを排出する働きも。効率的に美白ケアが行える美白サプリです。

・内容量:180錠
・価格:1,900円 
(※初回限定価格)

美白には日焼け止めサプリも効果的!?

日焼け止めクリーム
美白ケアとして近年注目を集めているのが、日焼け止めサプリです。
「飲む日焼け止め」ともいわれており、美容外科などの医療機関などでも多く取り扱われているのだとか。

日焼け止めサプリとして注目を集めている成分「ニュートロックスサン」

 ・ニュートロックスサンって何?その作用とは
日焼け止めサプリのなかでも特に注目を集めているのが、「ニュートロックスサン」という成分です。ニュートロックスサンとは、色素沈着を起こす脂質過酸化を抑える働きがあり、シミの予防に役立つといわれています。

・ニュートロックスサンの正しい使用方法                                               

ニュートロックスサンは、摂取しはじめてすぐに効果を実感することはできません。ニュートロックスサンの働きを実感できるようになるのは、摂取しはじめて最低でも2週間以上はかかるのだとか。なお、個人差はあるものの、推奨されている期間は8週間以上といわれており、日焼け止め対策として用いる場合は予め計画的に摂りはじめておくことが大切です。

徹底的なUV対策には「摂る」と「塗る」の併用を

 よく勘違いされるのが、日焼け止めクリームと日焼け止めサプリは同じ働きをするということ。実際、それらは全く異なる働きをします。
日焼け止めクリームの主な役割は、肌内部への紫外線の侵入をブロックすること。一方、日焼け止めサプリの主な役割は、紫外線によるダメージを体の中からケアすることです。
そのため、徹底的にUV対策をするには、紫外線をブロックする日焼け止めクリームと、紫外線によるダメージをケアする日焼け止めサプリの併用がおすすめです。

予防だけじゃない!?サプリは日焼けした後にも役に立つ?効率的な美白ケア

目を閉じて微笑む女性前もって摂取しておくことで効率的にUV対策が行える日焼け止めサプリ。ただ、日焼けをした後にケアしたいと考える方もいるでしょう。その場合、日焼け止めサプリは役に立つのでしょうか。

日焼け止めサプリのなかには、ニュートロックスサンのほかに新陳代謝を促す成分が含まれたものもあります。そういったサプリを摂取すれば、体の中から肌のターンオーバーを促せるため、日焼けした後でも十分美白ケアを行えるでしょう。
ただ、日焼けしてしまった肌には、日焼け止めサプリよりもより美白に着目した美白サプリのほうがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

美白ケアは、化粧品などを使って体の外からケアするだけでなく、体の中からしっかりとケアすることも大切です。
体の中からケアするには、食生活を改善して美白に有用な食材を積極的に摂取することが大切。ただ、食事だけでは十分に栄養素を補えないこともありますよね。特に忙しい現代人にとっては、毎日の食事に気を遣うのは大変です。

そんなときは、美白サプリで手軽に栄養を補っちゃいましょう!食事とともに美白サプリを取り入れることで、美白に有用な成分を効率的に摂取できます。
ただ、美白サプリは継続的に摂取し続けることが大切なので、毎日摂取することを忘れずに!

「最近、シミが目立つようになった……」
「なんだか、くすみが気になるようになった……」

という方でも、体の中からしっかりと美白ケアを行うことで、若い頃のような潤い美白肌を取り戻せます!

おすすめの記事