食器洗いや掃除、料理など、主婦に水仕事はつきものです。
水仕事をしていると、どうしても手が荒れてしまうもの。特に空気が乾燥しやすい冬は、なおさら手荒れを引き起こしてしまいます。
そんなガサガサ、ゴワゴワの手に悩まされる主婦は多いはず。

また、年齢を重ねると、体重のせいなのか乾燥のせいなのか、かかとが硬くなってしまいますよね。カチカチかかとだと、ミュールやサンダルがおしゃれに履きこなせません。女性としての魅力も、半減してしまいます。
そんな年齢によるカチカチかかとに悩まされる女性も多いのでは?

手のカサつきや、硬くなってしまったかかとを同時に改善してくれる優秀なアイテムがあります。
それは、尿素クリームです。

これを聞いて、「尿素?……尿?」「汚い?」と思ってしまう方もいるかもしれません。そこで今回、エステティシャンとして長年働いてきた私が、なぜ尿素が手のカサつきを改善してくれるのか、なぜ硬くなってしまったかかとを改善してくれるのか、そもそも尿素とは何なのかを詳しくご紹介します!

あわせて尿素クリームの人気ランキングもまとめてみたので、ぜひ参考にしてください♪

女性の手荒れにおすすめ!?尿素クリームとは

ハンドクリームを塗る手
ドラッグストアなどのボディケアやハンドケアの陳列棚でよく見かける「尿素クリーム」。尿素について詳しく知らないけど、何気なく手にとっていた方も多いのでは?

そもそも尿素とは、酸素、窒素、水素、そして炭素の原子で構成された有機化合物のこと。その名の通り尿に含まれる成分のひとつで、肌の角質層や汗にも微量ながら含まれています。
そんな尿素には、角質を柔らかくして水分を吸水しやすくする働きがあります。そのため、角質ケアや保湿クリームとしてハンドケアやボディケアに適しているのです。

尿素クリームのメリット

・角質を柔らかくする
尿素には、タンパク質を分解する働きがあります。角質は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質のため、それを分解することで硬くなった角質を柔らかくできるのです。通常のボディクリームではどうすることもできないくらいガサガサになった手荒れや、カチカチになったかかとを柔らかくするのに有用です。

・肌の保水力を高める
硬くなった肌が柔らかくなると、水分の浸透力や保水力がアップします。保水力が高まれば肌の潤いを取り戻すことができ、手荒れやカチカチかかとを改善できます。

どう選ぶ?尿素クリームの選び方

クリームの画像
尿素クリームといっても、その種類はさまざまです。メーカーも違えば、使用感などもそれぞれ異なります。
肌を柔らかくして保水力を高めてくれる尿素クリームは、上手に選ばなくては肌荒れを加速させてしまうことも。では、何を基準に選べばよいのでしょう。

そのポイントは、主に3つです。

手荒れ(肌荒れ)の状態

まず、自分の手荒れや肌荒れの状態をチェックする必要があります。
乾燥によるカサつきや粉っぽさが気になる肌であれば、尿素クリームよりもヒアルロン酸やセラミド、シアバターなど保湿成分を含むクリームのほうがおすすめです。
また、ひび割れやあかぎれなどが目立つ肌であれば、まずは炎症を抑えることが大切。そのため、炎症を和らげるグリチルレチン酸などが含まれたクリームがよいでしょう。

尿素クリームがおすすめの肌は、手荒れにより肌が硬くなってしまっている人。手荒れや肌荒れが進行してゴワついた肌を柔らかくするのに、尿素クリームは適しています。「最近、肌がゴワついているなぁ」と感じれば、尿素クリームを使ってみましょう。

含まれている成分

尿素クリームを選ぶには、含まれている成分を見極めて選ぶことも大切です。
手荒れの状態がひどい場合は尿素の配合率が高いものを、ゴワついてはいるけどそれほどひどくない場合は配合率は低めで保湿成分も含まれたものなどを選ぶとよいでしょう。

保湿に優れた成分
・ヒアルロン酸
・セラミド
・コラーゲン
・エラスチン
・グリセリン など

好みの使用感

尿素クリームなどを用いてボディケアを行う場合、好みの使用感で選ぶことも大切です。
肌をきれいに保ちたい方にとって、ボディケアは毎日行うもの。特にハンドクリームとして用いる場合は、手を洗うたび、気がつくたびに用います。
毎日使うものだからこそ、頻繁に使うものだからこそストレスなく使いたいですよね。
そのため、好みのテクスチャーや好みの香りなど、使いたくなるようなものを選ぶようにしましょう。

女性必見!尿素クリームの人気ランキング

尿素クリームのなかでも人気の高い商品を、ランキング形式でまとめてみました!
気になる商品、もしくは気になっていた商品は見つけられるでしょうか?

【第1位】メンターム クリームU20

・商品名:メンターム クリームU20
・価格:1,023円
・内容量:90g
・尿素の配合率:20%

尿素が含まれているのはもちろん、炎症を和らげるグリチルリチン酸や保湿成分のビタミンEも含まれたクリームです。乾燥により硬くなってしまった肌を3つの有用成分がしっかり改善。塗るたびにしっとり柔らか肌へと導きます。手荒れによりゴワついた肌を改善するのはもちろん、カチカチかかとやガサガサひじの改善にも役立ちます。

【第2位】UREA 尿素10%クリーム


・商品名:UREA 尿素10%クリーム
・価格:チューブタイプ370円/ジャータイプ570円
・内容量:チューブタイプ60g/ジャータイプ100g

・尿素の配合率:10%

尿素20%では少し肌がひりついてしまうという方もいるはず。そんな方におすすめなのが、尿素10%のこちらのクリームです。ヒアルロン酸やスクワランなどの保湿成分も含まれていて、硬くなった肌を柔らかくするだけでなくしっかり保湿。うるおい肌へと導きます。使いやすいチューブタイプや大容量のジャータイプがあり、生活シーンや好みに合わせて選べるのもポイントです。

 

【第3位】ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

・商品名:ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム
・価格:750円
・内容量:60g

・尿素の配合率:20%

発売から35年以上もたつロングセラー商品です。尿素のほかにも炎症を抑えるグリチルレチン酸や保水力を保つワセリンなども含まれています。そのため、水仕事などでガサガサになってしまった肌荒れやゴチゴチに硬くなってしまったかかとを改善するだけでなく、ひじやひざ、くるぶしなどのザラザラした黒ずみなども改善します。

 

【第4位】メンソレータムやわらか素肌クリームU

・商品名:メンソレータムやわらか素肌クリームU
・価格:1,380円
・内容量:90g

・尿素の配合率:20%

尿素だけでなく血行を促進させるビタミンE誘導体や炎症を抑えるグリチルレチン酸も含まれており、肌を柔らかくした上で炎症を抑え、肌にうるおいを与えます。「肌トラブルがたった1日でよくなった」という口コミもあるほど、評判のあるアイテムです。

【第5位】フェルゼアクリームM

・商品名:フェルゼアクリームM
・価格:チューブタイプ380円/ジャータイプ1,080円
・内容量:チューブタイプ30g/ジャータイプ80g

・尿素の配合率:10%

尿素のほかに炎症を抑えるグリチルリチン酸や酢酸トコフェロールも含まれており、肌荒れを改善。うるおいを与えるヒアルロン酸も含まれていることから、肌を柔らかくした上でしっとり肌へと導きます。尿素の配合率は10%のため、20%だと肌のひりつきが少し気になる方におすすめです。持ち運びに便利なチューブタイプと大容量のジャータイプがあり、生活シーンや好みに合わせて選べます。

尿素クリームの人気ランキング一覧表

尿素クリームのランキングで人気の高い商品を、分かりやすく一覧表にまとめてみました!

順位 【第1位】 【第2位】 【第3位】 【第4位】 【第5位】
商品画像

メンタームの商品

尿素クリームの商品

ケラチナミンコーワの商品

メンソレータムの商品

フェルゼアの商品

商品名 メンターム
クリームU20
UREA 尿素
10%クリーム
ケラチナミンコーワ
20%尿素配合クリーム
メンソレータム
やわらか素肌
クリームU
フェルゼア
クリームM
価格 1,023円 チューブ
370円
ジャー
570円
750円 1,380円 チューブ
380円
ジャー
1,080円
内容量 90g チューブ60g
ジャー100g
60g 90g チューブ30g
ジャー80g
尿素の配合率 20% 10% 20% 20% 10%
コスパ ★★ ★★★ ★★

その使い方は本当に正しい?尿素クリームの使い方

スキンケアをする女性
尿素クリームは、正しく使わなければ肌荒れを加速させてしまうかもしれません。そのため、正しく使うことが大切です。

尿素クリームがおすすめの肌荒れの種類

・乾燥による肌のゴワつきやカサつき
乾燥が進行してカサつきのひどい肌やゴワついた肌に用いるのがおすすめです。ひじやひざなどのゴワつきも改善します。

・ひじやひざ、くるぶしの黒ずみ
ひじやひざ、くるぶしに古い角質がたまり、黒くザラザラになっている方もいるのでは?その改善にも尿素クリームは役立ちます。

・硬くなったカチカチ&ガサガサかかと
角質が硬くなりカチカチにやってしまったかかとやガサガサになってしまったかかとの改善に役立ちます。

尿素クリームの正しい塗り方は?

ハンドケアをする場合は手の甲にクリームをのせ、もう片方の手でクリームを温めます。それから全体に広げ、次に指の根元から指先に向かって1本1本優しく揉み込むように塗っていきましょう。

ひじやひざ、かかとケアをする場合は、手のひらにクリームを取り、温めます。それから気になる箇所に塗り込んでいくようにしましょう。

※手の温度で温めることで、成分が肌に浸透しやすくなります。

尿素クリームの使い方の注意点

角質を柔らかくする尿素を肌に塗ると、角質が剥がれやすくなります。つまりそれは、ターンオーバーのサイクルが早くなるということ
そのため、健康的な肌に塗ってしまうと十分に育ってない表皮が角質化してしまい、角層内の角質は徐々に未熟化してしまいます。すると、正常な角質であればできているはずの保水ができなくなり、肌は乾燥しやすく、硬くなってしまうのです。

このことから、尿素クリームは肌荒れが改善されれば継続して使わないことをおすすめします。肌の調子がよくなればずっと使い続けたい気持ちにはなりますが、お肌の調子を見て使うときと使わないときを見極めるようにしましょう。

こんな人に尿素クリームはオススメ!

ガサガサかかと
・乾燥しすぎて手がガサガサになっている
・手のゴワつきが気になり、人前に手を出すのが恥ずかしい
・ひじやひざのガサガサ・ザラつきが気になる
・ひじやひざ、くるぶしが黒ずんでいる
・かかとがカチカチで、ミュールやサンダルを履くのが恥ずかしい
・かかとがガサガサでストッキングを履くときに破れてしまうことが多い
・肌のゴワつきを何とかしたい
・柔らかい肌になりたい

などなど、こういう人たちに尿素クリームはおすすめです!
どれかひとつでも当てはまるのであれば、尿素クリームで肌質改善を目指してみてはいかがですか?

まとめ

硬くなった角質を柔らかくし、肌の保水力を高めてくれる尿素クリーム。
乾燥によるゴワつき肌やザラつき肌、カチカチかかとの改善に適しています。

ただ、使い続けるとターンオーバーを早めてしまい、結果的に肌を弱くしてしまうこともあるため使い方には注意が必要です。肌の悩みが改善されたら使用をストップし、また再びゴワつきやザラつきが気になり始めたら使うようにしましょう。

水仕事や乾燥による肌のゴワつきやザラつき、カチカチかかとが気になる方は、ぜひ尿素クリームを使ってみてくださいね。しっとりとした柔らか肌を取り戻せますよ♪

おすすめの記事