オーガニックの化粧品を求める理由は?

「肌に優しそうだから」「できるだけ化学物質を使いたくない」「環境にも良さそう」など、いろいろな理由があると思いますが、

オーガニックとは本当のところどんなものなのか、知っている人は意外に少ないのかもしれません。

植物由来の成分でできた安心・安全なものだとは解っているけど、なぜ今、オーガニックがこんなにも注目されているのでしょうか。

女性の毎日のスキンケアに重要な役割を果たしてくれる美容液も、オーガニックのものを使いたいという人が増えてきています。

今回は、近年人気が上昇しているオーガニックの美容液の人気ランキングや、オーガニックとは何なのかどんなものを選べば良いのかなど、まとめてご紹介していきます!

新しい命を育んでいく女性だからこそ、大切に選びたい肌につけるもの。

これから本当に安心して愛用していけるお気に入りの1本が、きっと見つかりますように。

1. 【オーガニック化粧品】ってなに?

大地
オーガニック化粧品とはどういうものなのかというと、有機栽培で作られた植物を原料の中心とし、石油由来成分などを使っていない化粧品のことを言います。

無添加化粧品や、自然派化粧品というものも数多く存在しますが、それらには石油由来成分が使われている可能性があるというところが、大きな違いとなります。

無添加化粧品や自然派化粧品よりも、オーガニック化粧品は定められた基準が高いものの、実は日本ではまだ明確な基準というものが存在しません

現代では、化粧品のなかの多くのものには、保存料などの科学的な薬品が入っていて、これらを添加物と言い、人間の体にも自然環境にもやさしいとは言えないものも。

全ての化学物質が肌や環境に悪いというわけではありませんが、オーガニック化粧品は他の化粧品に比べて圧倒的に化学物質が少なく安全です

オーガニック化粧品は肌だけではなく地球環境にも良いと言われますが、どんな風に環境にもやさしいのかというと、天然成分は環境の中で容易に分解していき、自然な形で土に還っていきます

また、オーガニック化粧品を作る会社が増えるほど、環境保全型の農業を応援することにもなり、農薬などを使わなくなることで水や土壌の汚染も止められることになるのです

人にも環境にもやさしい。それでいて肌を健やかに綺麗に保つことができる化粧品が、私たちが注目する”オーガニック化粧品”なのです。

2. 【オーガニック】美容液の選び方

ひまわりと女性
オーガニック化粧品のなかでも、肌悩みを解決する有効成分が凝縮されているものが、オーガニックの美容液です。

そんなオーガニックの美容液の選び方を、3つに分けてご紹介します。

1. 自分の肌質や肌悩みに合った成分のものを選ぶ

オーガニックの代表的な成分の役割を見ていきましょう。自分の肌悩みに合う成分を見つけて参考にしてみてくださいね。

ホホバオイル
人間の皮脂とよく似た構造をしていて、肌に浸透しやすく、皮膚の乾燥や角質化を防ぎます

オウゴンエキス
環境ストレスによる肌への影響を改善し、炎症を抑えてくれます美白や紫外線予防にも役立ちます。

甘草(カンゾウ)エキス
優れた抗アレルギー・刺激緩和・解毒作用があります。

カモミール(カミツレ花エキス)
ターンオーバーを促すので、あらゆる肌トラブルの根本的な解決が期待でき、シミ・そばかすの色素沈着を抑える作用もります。

アーモンドオイル
肌に足りない脂質の代わりとなり肌バリアを補強し、乾燥した肌の修復を助けます

オリーブオイル
人間の母乳中の脂質に最も近い油と言われており、肌のうるおいを保ち、バリア機能を回復させます

2. 価格で選ぶ

一般的に人間の細胞は3ヶ月で生まれ変わると言われ、肌のターンオーバーは28日周期だと言われています。

年齡とともにその周期はどんどん長くなってくるとも言われ、どんな化粧品もそれ以上に使い続けてみないと改善するかどうか見極めることが難しいということになりますよね。

オーガニックの美容液は厳選された成分が凝縮させていて、決してリーズナブルだとは言えないものが多いかもしれません。

無理なく、使い続けられるものを選ぶことも、1つのポイントになってきそうですね。

3. 世界の認証団体のマークがついているものを選ぶ

世界にはいくつか認証団体が存在し、海外の美容液を選ぶときなどにこの認証団体のマークがあるかどうかで、厳格な基準をクリアしているものかどうかが解ります。

オーガニックコスメ認証団体(一例)
・USDA(アメリカ)
・ECOCERT(フランス)
・NaTrue(EU)
・ACO(オーストラリア)

日本ではまだ、”この基準をクリアすればオーガニック化粧品だ”と認証する機関がありませんが、

オーガニックの美容液を選ぶときの1つのポイントとして、世界の認証団体の名前がついているかどうかを参考にすると良いかもしれませんね。

3. 【オーガニック】美容液 人気ランキングBEST5

高価格で設定されていることの多いオーガニック美容液ですが、その中でも比較的続けやすい価格で、なおかつ高保湿、またエイジングケアにも優れた力を発揮するオーガニック美容液を、ランキング形式でご紹介します!

【第1位】HANAオーガニック ホワイトジェリー

HANAオーガニック ホワイトジェリー
30ml  通常価格 5,500円(税別)
定期便価格 4,675円(税別)

…全てが天然の成分で作られている肌に優しいホワイトケア美容液です。肌が敏感な人でも、”ピリピリ”や乾燥を感じることなく、朝晩に使うことができます。

シミの元になるメラニンを作り続ける肌を正常に戻してくれるのは、和漢3000年の膨大な検証から導き出された伝承植物エッセンスのブレンド

また、ダマスクローズを含む6つの花精油が副交感神経に働きかけ、肌の再生を促します。

【第2位】オラクル パワーモイスチャー

オラクル パワーモイスチャー
35ml  7,000円

…ワイルドタイムエキス、シラカバエキスなど、濃密な植物成分を惜しみなく凝縮した、上質な美容液。コクがあるのにさらりとなじみ、しっとりとやわらかな肌へと導きます

数種類のローズと高品質のエッセンシャルオイルをブレンドした、心を和らげる香りでリラックス効果も望め、ピンと持ち上がるような、しなやかなハリを与えます

肌に寄り添い、まっすぐに働きかけるオラクルの処方は、植物が生体にどのような効果をもたらすかという、独自の研究に基づいて導き出されたものだそうです。

【第3位】アルケミー ディープセラム

アルケミー ディープセラム
50ml  5,000円(税別)

…フローラルグリーンの温かみのある香り。酵母発酵エキスVEGAL®やヒアルロン酸、大豆発酵エキスなどが肌をしっとりと保湿し、奥深くまで満たす美容液です。

VEGAL®とは、植物由来の酵母発酵エキスのことで、1,000回以上の試作と検証を繰り返し開発した、アルケミー独自の成分です。

アルケミーは、植物特有の力と”酵母発酵”の力を掛け合わせることで、肌のゆらぎに本格的にアプローチできるスキンケアが完成するという答えを導き出しています。

【第4位】リペアモイストW エッセンス ブルークレール

ブルークレール リペアモイストWエッセンス
50ml  8,000円(税別)
初回定期便 50%off対象

乾燥による小ジワと顔の明るさ(トーン)においての検証結果が医学誌に掲載され、93%の医師が使い続けたいと答え、96.2%の購入者が使い続けることを希望したという実力派のセラミド美容液です。

「オーガニックや無添加の安心と同時に、エイジングケアのより深い実感をお届けしたい。」2005年の製品開発当時から、ブルークレールが大切にしていること。

20種類の東洋・西洋の植物成分などを含み、永くお使いいただくほどにエイジングケアを実感することができます。

【第5位】ヴァントルテ ボタニカルモイストセラム

ヴァントルテ ボタニカルモイストセラム
30ml  4,800円(税別)
定期購入 4,320円

9つの無添加処方【シリコン・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・エタノール・紫外線吸収剤・タルクが無添加】で、美容皮膚科の医師が監修した、高濃度美容液

植物の生命力が凝縮された自然の恵みを厳選。ボタニカルウォーター、アルペン・アルガン・リンゴの植物幹細胞、ヒト型セラミドを使った、大人の敏感肌に嬉しいセラミド美容液です。

”敏感肌で悩まされていた母のために”と、京都で開発されたのが、ヴァントルテ。低価格で本当に良いものをと、環境や価格に配慮したシンプルで洗練されたパッケージも魅力のひとつです。

4. 【オーガニック】美容液 ランキング商品比較表

オーガニック美容液のランキング商品を様々な角度から比較してみましょう。

順位 【第1位】 【第2位】 【第3位】 【第4位】 【第5位】
商品画像 HANAオーガニック オラクル アルケミー ブルークレール ヴァントルテ
商品名 HANAオーガニック 
ホワイトジェリー
オラクル 
パワーモイスチャー
アルケミー 
ディープセラム
ブルークレール
リペアモイストWエッセンス
ヴァントルテ 
ボタニカルモイストセラム
通常価格 5,500円 7,000円 5,000円 8,000円 4,800円
内容量 30ml  35ml  50ml  50ml  30ml 
保湿力
エイジングケア 美白 ハリ ゆらぎ 美白・
シワ
ハリ

5. 【オーガニック】美容液の正しい使い方

オーガニックの美容液の使い方のポイントをご紹介します。

●順番を守って使う

一般的にオーガニックの美容液をつけるタイミングは他の美容液と同じで、

①洗顔
②化粧水
③オーガニック美容液
④乳液
⑤クリーム

…というタイミングになります。浸透しやすくするために、油分の多い乳液やクリームなどの前につけるようにしてください。

ですが例外として、「先行型美容液」といって、化粧水の前につけるものもありますので、ご注意ください。

●やさしくなじませ、ハンドプレス

美容液を適量(目安として直径1~2cmほどの円になるように)手に取り、まず顔の数箇所につけていき、内から外へ、また、下から上へとなじませていきます

このとき、肌を強く摩擦してしまうとメラニンの蓄積の原因になってしまったり、肌に余分な刺激を与えることになってしまいますので、やさしくつけていくことを意識しましょう。この後、浸透させるようにハンドプレスします。

また、乾燥などが特に気になる箇所や、特にケアしたいところには、重ね付けすることも良いでしょう。

●朝と夜で使い方を変える

朝の使い方
朝、メイクをする前は、オーガニックの美容液を塗ってから約10~15分置いてからすると、肌になじんでいてファンデーションが塗りやすくなります。

また、敏感肌で化粧下地が少し重たいなと感じている人は、オーガニックの美容液を下地代わりにすることもできます

もしも乾燥が気になる場合は、美容液の後に乳液やクリームを足してからメイクするようにしてください。

夜の使い方
夜にオーガニックの美容液を塗るときは、朝よりも少し多めの量にすると良いでしょう。

眠っている間に保湿パックのような役割を果たし、有効成分が肌に浸透し翌朝にはうるおいをたっぷり含んだ肌に生まれ変わっています。

6. 【オーガニック】美容液が合っている人ってどんな人?

横顔の女性オーガニックの美容液をおすすめしたい人は、できるだけ自然の成分だけでスキンケアをしたいと願う女性や、敏感肌の女性です。

また、シミやシワなどの年齢肌のケアができるオーガニックの美容液もいくつもありますので、そろそろ早めのエイジングケアがしたいと考える20代後半~エイジングケア世代の全ての女性にもおすすめします。

これまでは体への影響や環境汚染のことなどを考えたことがなくても、妊娠をきっかけに気になりだした人、また授乳中のママにも安心して使っていただけると思います。

基本的にオーガニックの美容液は肌にやさしく低刺激性に作られていますが、全ての人の肌に合うとは限りません

使用になる前にパッチテストを行い、万が一肌に合わない場合は使用を中止してください。

自分の肌にぴったりと合って、自然由来の成分でうるおい美肌に、またエイジングケアまで叶えられるオーガニックの美容液を見つけられたら、これから年齡を重ねていくのも楽しみになるかもしれませんね。

7. 【オーガニック】美容液 まとめ

夕焼けと女性

いかがでしたか?オーガニックの美容液。

日本ではまだオーガニックの明確な基準が定められていないけれど、極力自然の成分だけで作られていて、肌はもちろん、環境保全にも繋がっていくものだということがわかりました。

オーガニック美容液の人気ランキングでは、それぞれにこだわりぬいたオーガニックへの想いが込められているブランドばかりが並び、

天然由来の安心・安全な成分で、保湿だけではなくエイジングケアまで叶えられるものが多くありました。

オーガニックのことをこれまでよりも少し深く知って、肌も地球もいたわることができたら最高なのかもしれませんね。

おすすめの記事