「毛穴の黒ずみが気になる…」

「いろいろ試してみたけど、どれもうまくいかない…」

なんて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?実際、毛穴の黒ずみで悩んでいる人は多く、いろんなケアをしてもなかなかキレイならない、という人もいるかと思います。
このブログでは、黒ずみの原因や毛穴をキレイに除去する方法などをご紹介しています。また、毛穴が目立ちにくくなるメイク方法もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。
鏡を見てため息を吐く毎日から卒業しましょう!

 

1. 毛穴の黒ずみの原因、対策方法

そもそも、毛穴の黒ずみはどのようにして起きてしまうのでしょうか。毛穴の黒ずみには「黒角栓毛穴」と「メラニン毛穴」の2つのタイプがあります。今回はこの2タイプについて詳しくご紹介します。

黒角栓毛穴

黒角栓毛穴とは、毛穴に雑菌や皮脂が溜まって大きくなった角栓が空気や紫外線に触れ、黒く酸化してしまうことをいいます。よく聞く「詰まり毛穴」がさらにひどくなった状態、と考えてもらえるといいのではないでしょうか。メイク崩れで紫外線が肌に影響を与えてしまったり、皮脂の増加により毛穴詰まりが悪化するなどが主な原因です。油汚れのように、そのまま放置してしまうとなかなか取れなくなってしまいます。こまめにメイクを整えたり、あぶらとり紙などで皮脂を吸い取るなどして肌の環境を良くしておきましょう。
また、黒角栓毛穴になってしまうと毛穴をすぐにキレイにするのは難しいので、まずは固くなってしまった角栓を蒸しタオルなどでやわらかくしてからケアしましょう。

メラニン毛穴

メラニン毛穴とは、紫外線による日焼けや毛穴のターンオーバーがうまくいかないことにより、メラニンがシミとして現れてしまうことをいいます。毛穴付近にそれが現れてしまうと、毛穴が黒っぽく見えてしまいます。また、ターンオーバーがうまくできないとメラニンが肌に残るため、シミも残ってしまいます。
さらに、メラニンは紫外線だけでなく肌への刺激でも起こります。洗顔時にタオルで肌を擦りすぎたりしてしまうと、色素沈着が起こります。メラニンはシミの元なので、シミを予防するケアがおすすめです。美白成分入りの化粧水や美容液などで美白ケアをしましょう。説明したようにメラニンは紫外線によってできてしまうものなので、日差しが強い時期にはしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。日差しが強いのは夏だけと思いがちですが、寒い季節でも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めやUV配合のファンデーションを使うなどして、常に対策をしておきましょう。

 

2. これはダメ!?やってはいけないNG習慣

毛穴ケアを怠ること以外に、普段の生活習慣が毛穴の黒ずみを悪化させてしまう原因にもなります。今回はそのうちの3つをご紹介します。「当てはまってるかも…」という人は、少しずつ改善するように心がけましょう。

脂っこい食事

ピザの写真

皮脂の過剰分泌は、毛穴の黒ずみが目立つ原因の1つです。
とりすぎた脂質は、身体に蓄積されていきます。そして、皮脂分泌として毛穴から出ていきます。
皮脂が多くなると、出ていくときに毛穴を押し広げたり、毛穴の中に詰まってしまい、角栓ができるということもあります。
また、黒ずみは角栓が毛穴に詰まって空気に触れて酸化することで起きます。
毛穴の広がりや黒ずみが気になるのなら、バランスのとれた食事を心がけるなど、意識的に食事改善を行っていきましょう。

 

睡眠不足

ベッドに横たわる女性

睡眠不足は毛穴の黒ずみにも関係しています。その理由が、ホルモンバランスです。

私たちの肌が美しく輝くためには、肌の新陳代謝が欠かせません。古くなった角質を押し上げ、健康な新しい肌へと生まれ変わる必要があります。
そのためには、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンが必要不可欠です。成長ホルモンには細胞の新陳代謝を促す働きがあるため、肌のハリや毛穴にも大きく影響しているのです。

そして成長ホルモンは、美肌に欠かせない女性ホルモンの分泌も促します。つまり睡眠不足になればこれらのホルモンが減って、毛穴が目立つボロボロ肌となってしまうでしょう

肌の新陳代謝を促すための成長ホルモンは睡眠不足に多く分泌されます。睡眠が不足してしまうとホルモンが減り、肌のハリが低下するなどしてしまいます。
ハリが失われるため、毛穴の開きが目立って詰まりやニキビの原因になってしまいます。

過度なストレス

手を組む女性

ストレスも、毛穴の黒ずみの原因となります。
ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が高まり皮脂が増加します。過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、黒ずみやニキビなどの肌トラブルが起きてしまいます。
また、ストレスは自律神経のバランスを崩してしまうので、睡眠不足になるなど悪い連鎖を引き起こしてしまいます。
さきほども説明したように、睡眠不足も毛穴の黒ずみを悪化させる要因となります。軽い運動やカラオケで大声を出すなど、適度にストレスを発散しましょう。

 

3. 綿棒とオリーブオイルを使った毛穴・角栓の取り方

オリーブオイル

綿棒とオリーブオイルを使って毛穴の角栓を取る、という方法があります。手順をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
洗顔後や蒸しタオルなどで毛穴が開いた状態で行うとより効果的ですので、まずは毛穴を開かせてから行ってくださいね。

1.綿棒にたっぷりオイルを染み込ませる

角栓を取る場合は、香料などが混ざっているオイルではなくホホバオイル、ベビーオイルなどシンプルな成分のものを使いましょう。

2.綿棒を使ってやさしくマッサージ

鼻の角栓のところをクルクル回しながら、優しくマッサージをしてください。綿棒は横に倒しながら使いましょう。強くこすらず、優しく押すように使ってください。

もちろん、なかなか取れない角栓もあると思います。ですから、一度でキレイにしようとせず、徐々に時間をかけて取るようにしましょう。

3.しっかりと洗顔する

オイルはしっかりと洗い流しましょう。オイルが残っていると、それが肌トラブルの原因になってしまいます。洗顔するときは、洗顔フォームをたっぷりと泡立てるとより落ちやすいです。

4.冷たい水ですすいで肌を引き締める

冷たい水ですすぐことで、キレイになった毛穴が引き締まります。

5.しっかりと保湿する

タオルで水分を取ったら、収れん化粧水で毛穴を引き締めてください。そのあと、美容液や化粧水でしっかりと保湿しましょう。保湿をせずに放置すると、再び毛穴に汚れが溜まってしまいます。しっかりとケアしてくださいね。

 

4. 保湿でしっかりケアしよう!

乾燥は大敵

マフラーを巻く女性

肌が乾燥していると、毛穴が目立ってしまいます。水分が不足している肌はハリが失われます。そうすると、毛穴が広がってしまい、結果汚れを入りやすい環境にしてしまうのです。暑いからと言ってお風呂上がりや洗顔後に保湿を怠っている人は要注意です。「乳液はベタベタするし…」と嫌がらずにしっかりと保湿ケアをしましょう。
また、肌のテカリを気にして過度にスキンケアをするのもNGです。1日に何度も洗顔をすると、肌に必要な皮脂までもが奪われてしまいます。その結果、過剰分泌を招きさらにテカリのある肌にしてしまいます。

 

乾燥肌だと毛穴ケアが難しい

枯れ葉に埋もれる女性達

乾燥肌は毛穴が開いたままの状態なので、肌のキメが乱れています。肌が乾燥してしまうと皮脂の分泌が促進されてしまいます。そのため、毛穴がどんどん開いてしまいます。しっかりと保湿するように心がけましょう。

おすすめ化粧品2選

乾燥による毛穴ケアは、保湿をすることが重要です。保湿されていない肌はふっくらとしておらず、毛穴が開いて詰まりが起きやすくなっています。なるべく保湿力の高いクリームを選びましょう。今回はBBB編集部が特におすすめする保湿クリームを2つご紹介します。

米肌 肌潤クリーム

発酵ポリマーとエモリエントカプセルが肌表面を保護し、外的ダメージから守ってくれます。とってもなめらかなので、使い心地が良いと編集部内でも評判でした。長時間肌のうるおいをとどめてくれるので、忙しい方におすすめです。

ドクターシーラボ フォトホワイトCレーザープラス

ビタミンC誘導体がじっくりと肌に浸透し、美白へと導いてくれます。じっくりと浸透していくので、徐々にキメの整った肌にしてくれます。
紫外線ダメージなどから肌を守って、過剰な皮脂を抑える、潤いを与えるなどの役割を果たしてくれます。紫外線による毛穴に悩みのある方におすすめです。

5. オロナインでの毛穴除去はやめた方がいい?

 

10~20代の人達を中心に、SNSで「オロナインパック」が流行したのをご存知でしょうか?「オロナインを塗ってから毛穴パックをすると、普段よりもごっそりと角栓が落ちる」と話題になりました。SNSであっという間に拡散され、オロナインパックをする人達が続出しました。
そんなオロナインパックですが、毛穴ケアという点ではおすすめできません。ご存知の通り、オロナインは本来しもやけやあかぎれ、切り傷の消毒などに使う「医薬品」です。健康な肌に塗ると、鼻の皮がむけたり痒みで赤くかぶれてしまうなどのトラブルを招くことがあります。
また、敏感肌や乾燥肌の人は元々バリア機能が弱まっているので、健康な肌の人よりもさらに大きいダメージを受けてしまいます。
さらに、毛穴パックは無理矢理角栓を抜き取るものなので、肌への負担が大きいのです。毛穴パックを経験したことがある人はわかるかもしれませんが、毛穴パックはゆっくり剥がしても涙が出るほどの痛みが生じます。つまり、それだけ肌に負担がかかっているということです。
毛穴の黒ずみだけでなく思わぬ肌トラブルを招きかねないので、美容目的オロナインを使用することは控えるようにしましょう

 

6. 黒ずみに効果的!おすすめクレンジング3選

毛穴の汚れや黒ずみはメイクが落としきれていないのも原因の一つです。つまり、しっかりメイク落としをすることで防げるということです。今回はBBB編集部が特におすすめするクレンジングを3つご紹介します。メイクをしっかり落として毛穴の悩みを減らしましょう!

雪肌精『トリートメント クレンジングオイル』

高濃度の和漢植物エキスを配合したクレンジングオイルです。優しく肌を包み込むので、透明感のある素肌にしてくれます。肌に負担をかけずに毛穴の隅々までしっかりと落としたい人におすすめです。

ポンズ 『クリアフェイス クリームクレンジング』

韓植物エキスを配合させた、美容クリーム生まれのクレンジングクリームです。肌触りがとってもなめらかで、黒ずみや角質をキレイに落としてくれます。ツルツル肌を目指す人におすすめです。

エリクシール 『エリクシール ルフレ バランシング バブル』

『エリクシール ルフレ バランシング バブル』は、クレンジングもできる洗顔料です。もこもこした濃密泡で毛穴の奥までキレイに洗い流してくれます。透明ジェルが空気に触れると泡に変化するので、泡立てる手間が省ける時短クレンジング洗顔料です。時間がなくて忙しい人におすすめです。

7. 男性も毛穴ケアをしよう!

男性の後ろ姿

毛穴の黒ずみは女性だけの悩みに見えますが、近年は男性もケアを気にするようになりました実際、ドラッグストアなどでは男性専用の洗顔料がとても豊富に売られています。
また、メーカーも積極的にケアを勧めるようになりました。

鏡を見た時に気になる小鼻の黒ずみやざらつき。これは毛穴に詰まった「角栓」が原因です。「角栓」は皮脂や汚れが固まって、毛穴に残ってしまったもの。放っておくと、肌トラブルの原因の1つにもなります。
男性は女性に比べて、顔の皮脂の量が約2倍という事実!
このように男性の肌は、毛穴の角栓の原因のひとつ、
皮脂がたまりやすい構造になっているのです。

男性ホルモンの影響で、男性は女性よりも皮脂の量が多いため、毛穴に角栓が溜まりやすくなっています。そのため、女性よりも毛穴ケアをする必要があります。

ただ、やってはいけない毛穴除去方法がありますので、それを2つご紹介します。

スクラブ洗顔料の利用

スクラブ洗顔料は、泥、火山灰等の不溶性成分を含んだ「不溶性成分含有洗顔料」といわれています。大きな粒子が毛穴の汚れをキレイにするとありますが、それが肌を傷つける要因にもなります。ただ、最近は刺激が少ない商品も出ているので、使用する際は成分などを確認するようにしましょう。

爪で角栓を押し出す

これもやってはいけない方法の1つです。角栓を押し出すということは、毛穴から無理矢理引っこ抜いてしまうことと同じと考えてください。繰り返し爪で押し出していると、最悪穴が塞がらなくなってしまうなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
また、肌に爪を立てて押し出す方法なので、色素沈着の原因にもなります。

 

8. ガンコな黒ずみは皮膚科やエステも考えてみて

あらゆるケアをしても、なかなか毛穴がキレイにならない場合もあります。その場合は、皮膚科やエステを利用するという方法も検討してみてください。専門的な技術を頼ることによって、自分一人では難しいケアをしてもらえます。ケアをするには料金が少し必要になってしまいますが、より美しい毛穴や肌を得られることもあります。時間のない人やお金に余裕のある人は検討してもいいかもしれませんね。

 

9. さらに毛穴が目立たなく!?おすすめメイク方法

女性の目元アップ

毛穴ケアはバッチリ!でも、メイクでももっと隠したい!という人のために、さらに毛穴が目立たなくなるメイク方法をご紹介します。工程は7つありますが、とても簡単なので是非実践してみてくださいね。

1.頬の高い部分にファンデーションを

まず、首筋まで下地を塗ってください。気持ち少ない量のファンデーションを、頬の高い部分に覆うようにくまなくのせてください。広げすぎには要注意。

2.外側から少しずつ広げて

薄くファンデーションを広げるように、周囲となじませてください。下瞼の方向へ指の腹を使って薄くのばしてくださいね。

3.残ったファンデーションを上瞼へ

指に残ったファンデーションは、上瞼に塗っていきましょう。軽く叩き込むように、目頭から目尻に向けて塗ってください。

4.毛穴を埋めていくようなイメージで小鼻になじませて

頬の内側のファンデーションを小鼻の方へ丁寧に広げてください。このときも軽く叩き込むようにして塗ってください。

5.額に塗るときは中心部を薄くカバーして

残っている指のファンデーションを使って額をカバーしてください。生え際の境目はぼかすようにのばすと効果的。

6.フェイスラインはぼかして

フェイスラインまで頬のファンデーションの外側をのばしてぼかしてください。口元にも薄っすらとのばすとぼかし感が出ますよ。

7.部分使いでパウダーも

メイクのテカリや崩れを防ぎたいのであれば、フェイスパウダーで仕上げてください。ブラシを使って薄く重ねるようにしてくださいね。

 

10. まとめ

女性の顔のアップ

毛穴の黒ずみはなかなかキレイにならない…どうしようもない…と諦めていたかもしれません。けれど、方法や習慣を変えるだけで劇的に変化させることができます。正しいケア方法を知って、きちんと肌環境を良くすれば、黒ずみに悩むことはなくなるかもしれません。なかなかキレイにならない毛穴の問題は、クリニックなど専門家に頼ることもおすすめです。すべて一人でやろうとせず、頼れるものは頼りましょう。
また、メイクでも毛穴を目立たなくすることができます。
鏡を見てため息を吐く毎日はやめて、自信をもって毎日をすごしてくださいね。

おすすめの記事