今使用しているクレンジングに納得がいく使い心地を感じられていますか?
クレンジングには大きく分類すると5つのタイプがありますが、そのメリットとデメリットを知ることで、くすみ解消、毛穴引き締めなどとより高い美容効果を得ることができるのです。
自分の肌質、普段の生活スタイルから選ぶ方法もご紹介いたしますので「種類がたくさんあってどれを買えばいいのか分からない…」と悩んでる方も必見です!

クレンジングと洗顔料の違いって?


クレンジングをする女性

クレンジングと洗顔料、両方とも「肌を綺麗にしてくれる」という目的は一緒なのに、どうして二種類に分けて販売されているのでしょうか? 
実はメイクを水で洗い流そうとしても、メイクに含まれる油分が水を弾いてしまい完璧に落とすことが難しいのです。

たとえば、ファンデーションや口紅などのメーキャップアイテムには、油やワックスのような油性成分が多く含まれているため、水洗いだけではなかなか取り除くことができません。しかし、これらの油性成分となじみやすい洗浄成分が入った「メーク落とし」を使えば、きれいに落とすことができます。
一方、皮脂汚れや古い角層を取り除くのに効果的なのが、「洗顔料」です。洗顔後にすっきりとした感触が得られるのは、肌の汚れをきれいさっぱり洗い流すことができるためです。
                                                                                                                                                                                                     出典:資生堂『知ってなるほど化粧品』メーク落としの役割

洗顔料は顔についた汚れ、汗、皮脂を洗い流す機能がありますが、メイク自体が含む油分を洗い流す機能はありません。
クレンジングには界面活性剤という水と油がうまく混ざるようにしてくれる成分が含まれており、メイクに馴染んですっきり綺麗に落とすことができるのです。

クレンジングはメイクだけでなく、毛穴トラブルもオフできる?

・クレンジングでくすみ、毛穴トラブルも解消できる

 日々のメイクがしっかり落とされていない、皮脂の過剰分泌、年齢や乾燥によって毛穴が開くなど、毛穴に汚れがたまり黒ずんでしまう原因は多々あります。

余分な皮脂、角質の汚れを落として肌に水分を入れてあげることで目立つ毛穴を抑えることができます。

 

・クレンジングは強力すぎるのもダメ!

とにかく毛穴の汚れを落としたい!と思って強力なクレンジングを使うのは間違いです。クレンジングの力が強すぎると、必要最低限の皮脂まで落としてしまい更にお肌の乾燥に繋がってしまうことがあります。
オイリー肌の方がクレジング力の強いものがおすすめですが、乾燥肌、混合肌の方が過剰に皮脂を落とすと更に肌トラブルが悪化してしまうおそれがあります。

基礎化粧品が肌に合う、合わないというのがあるようにクレンジングも自分の肌質にあったものを使うのが理想的でしょう。

クレンジングを質感別にご紹介

 
・ミルク・リキッド

クレンジング力は弱いですが、刺激が弱いため敏感肌や乾燥肌の人も安心して使うことができるタイプです。保湿成分も含まれているので肌が乾燥しにくいですし、洗い上がりもしっとりとします。普段ナチュラルメイクが多い方におすすめです。

 

・バーム

最初はクリームのように固形ですが、手に乗せると体温で溶けてさらっとした液状になるというのがバームタイプの特徴です。お肌になじませやすく、摩擦も起こりにくいので肌に対する負荷も少なくなります。うるおいを取りすぎないため乾燥肌や敏感肌の方も使いやすく、W洗顔不要タイプや塗れた手で使えるものなど、多種多様な商品が販売されています。

・クリーム

 クリームタイプはさらにしっとりとした使いごこちで、肌に負荷を与えることなくメイクを落としてくれます。肌に馴染んで水分も与えてくれるので、乾燥肌の方やアンチエイジングをしている方におすすめです。

 

・拭き取り

 顔をタオルで拭うように肌を擦るだけでメイクを落としてしまうことができます。

 拭き取るだけで化粧水、乳液の役目も果たしてくれるので洗面台へ行ったり何度も顔を洗う手間がかからないのがメリットですが、肌をこすることで負荷をかけてしまうというデメリットもあります。 

 

・オイル

アイメイクやポイントメイク、口紅はハッキリ鮮やかな色をよく使う!という方はオイルタイプがおすすめ。クレンジング力が強いのでウォータープルーフのアイライナーやマスカラもスルッと綺麗に落としてくれますよ。

 

自分にあったクレンジングって何だろう?

■肌トラブルに応じたクレンジングをしよう

 ニキビが気になる女性

自分の肌環境でお悩みごとがあれば、クレンジングも専用のものを選ぶことで肌トラブルを解消できる近道に近づくことができます。

たとえば乾燥肌の方は肌の油脂を必要以上に洗浄されないよう、クレンジング力の低いものを選ぶ必要がありますし、敏感肌の方は低刺激のものが必要になります。

 

・普通肌さん

 どんなクレンジング料でも使用することができます。けれども洗顔後に肌のお手入れを怠れば肌トラブルが発生してしまうことには変わりありません。毎日の肌の具合を確認しながら使用するクレンジングを調整することがおすすめです。

 

・オイリー肌さん

 このタイプの方もすべてのクレンジング料を使用可。しかしミルクタイプやクリームタイプだと肌の油分、アクネ菌を取り除くことができず、ニキビなどの肌トラブルを招いてしまうことがあります。顔のテカリが気になるオイリー肌さんにはオイルタイプがおすすめ。けれども肌の油が多いからと長時間洗顔したり、洗顔後に化粧水や乳液でケアを怠ると乾燥した肌を潤わせようと過剰に皮脂が分泌されてしまいますので、必要以上にクレンジングをしないことが大切です。

 

・乾燥肌さん

 肌の水分が少ない乾燥肌さんにはクリームタイプやバームタイプがおすすめです。洗浄力が低いですが、肌に水分を入れながらメイクを落とすことができます。逆に顔の皮脂を落としてしまうオイルタイプはおすすめできません。

 

・敏感肌さん

 敏感肌さんにはミルクタイプがおすすめ。洗浄力は他のものより低いですが、低刺激で肌をいたわりながらメイクを落とすことができます。うまく落ちなかったアイメイクや口紅は部分用のリムーバーを併用して落とすのがおすすめです。

 

・混合肌さん

 混合肌とは、顔の部分によって乾燥しやすいところと、テカリやすい部分を持つ肌質のこと。こちらはクレンジング選びにかなり苦労されると思います。

全体のバランスを整えるためにも、必要な皮脂を残してくれるクリームタイプ、ミルクタイプ、バームタイプのクレンジング料がおすすめです。

■クレンジングのあとに洗顔をするかどうか?

クレンジングオイル

 クレンジングには洗顔機能も含んでいるもの(ダブル洗顔不要)があります。

 ダブル洗顔不要のメリットですが、顔をゴシゴシこする摩擦が減ることでお肌の負担を減らすことができます。デメリットですが、洗浄力は弱いため毛穴の汚れやメイクが残ってしまうことがあります。特に汗で汗で流れにくい日焼け止めは残ってしまう場合がありますので、顔に日焼け止めを塗っている場合はダブル洗顔不要のクレンジングを使用しないほうがよいでしょう。

■マツエクをしているか?

人間の目

 まつげにエクステを接着させるときに使用するのり(グルー)は油分にとても弱いです。

そのためオイルタイプのクレンジングだとせっかくのマツエクが傷んでしまいます。

マツエクをしている人は「オイル不使用」、もしくは「オイルフリー」タイプを選ぶようにしましょう。

一番ストレスなく続けられそうなクレンジング方法はどれか?

ストレスを感じる女性

 拭き取りタイプは顔を拭いてしまえば洗顔、保湿、美容液が一気に済んでしまうタイプも多く販売されています。外出した後はさっさとメイクを落として寝てしまいたい!という方は拭き取りタイプのクレンジングがおすすめ。

逆に化粧を落とした後はしっかりケアしてお肌をいたわりたい、という方は洗顔タイプのクレンジングがおすすめです。

5 編集部おすすめ&最新のクレンジングをご紹介

ここからは編集部おすすめ&最新のクレンジング料をご紹介いたします!

・Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

ビフェスタ
出典:Amazon

 保湿性洗浄成分を含む水層と、ウォータープルーフマスカラをやさしく落とすエモリエント層のW効果で、肌をゴシゴシこすらなくてもメイクを落とすことができます。ウォータープルーフのマスカラも落とすことができますので、まつげが抜けてしまうリスクを防ぐことができるのもポイントです。

・カウブランド 無添加メイク落としミルク
カウブランド
デリケート肌を考えた無添加 低刺激処方。メイクを落としたあともお肌が乾燥しないようにオリーブオイルが配合されています。

・DUO ザ クレンジングバーム
デュオクレンジングバーム
 固形のバームをお肌になじませると溶けてクリーム状になります。毛穴よりも遥かに小さい毛穴クリアカプセルが毛穴の中をお掃除し、お肌のザラザラを綺麗にしてくれます。

・アテニア スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ (W洗顔不要)
 
アテニアメイクを落とすだけでなくエイジングケアもしてくれるという、オイルタイプのクレンジング料です。W洗顔不要なので肌に負担をかけることを防ぎ、マツエクをした方にも使用可能です。

・ルルルン クレンジングジェル

ルルルン  シートマスクで有名なルルルンからクレンジングジェルが発売されました。みずみずしい洗い心地で、肌に負担をかけることなくメイクを洗い流すことができます。

6 まとめ

ドラッグストアに置いてあるクレンジングコーナーを眺めてみても、たくさんの種類が並べてあってどれを買えばよいのか一瞬戸惑ってしまうと思います。

けれども自分のお肌の悩みや質感に絞って比較すれば、使うべきクレンジングの候補を絞ることができたのではないでしょうか?

毎日繰り返すメイク落としですから、自分に合った美容効果も取り入れていきたいところ。

メイクだけでなく肌トラブルの原因もさっぱり洗い流して、今日よりも美しい肌を目指しましょう!

 

おすすめの記事