肌状態を向上させる

ファンデーション

肌に刺激を与える

肌を老化させてしまう要因の一つは、摩擦や圧迫などの刺激です。このような刺激は、普段のスキンケアやメイクの中でも多少発生します。
化粧水をつける時のパッティングやハンドプレスなどは、肌に刺激を与える一因です。ファンデーションを塗る時にも、実際かなりの摩擦が肌に加わります。メイクの際には肌色に気をとられて指に力が入ってしまうケースも多いです。摩擦が繰り返されると肌の組織は少なからず傷つきます。
小じわはもちろん、時にたるみなどが生じてくることがあるのが摩擦の怖さです。こういったトラブルは肌の扱い方に気を付けることで多くの場合避けられます。正しいメイク法をマスターしたり、エアブラシを利用することなどが対策の一例です。

ケアや化粧に利用可能

エアブラシは手持ちの化粧水や乳液、ファンデーションなどを入れて使用する美容機器です。
専用のケースにこういった化粧品類を入れて操作を行います。電源式の場合が多く持ち運びが出来るのが最近のエアブラシです。軽くレバーを引くと、ケースの中の化粧品がミスト状になって吹き出し口から出てきます。ミストが肌にあたるようにすることで、均一に化粧品が吹き付けられる仕組みです。このエアブラシはプロのメイクアップアーティストなどが愛用するアイテムです。仕上りの美しさの点で手技を大きく引き離し注目されます。昨今では通販で購入出来るようになり、新たな美容機器として一般化している商品です。肌に刺激を与えないことから、アンチエイジング効果も期待出来ます。

失われた美容成分を補う

鏡を見る女性

正しいケアのための工夫

加齢によって肌はしわやたるみ、くすみなどの多くのトラブルを抱えるようになります。
その対策としてエイジングケア化粧品は大きな効果を発揮しますが、正しいケアを行うための工夫として知っておきたいことも多くあります。
工夫したい点の1つ目に、肌老化の要因に合わせた美容成分を肌に与えてあげることです。例えば加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少し、表皮が薄くなる菲薄化は肌老化の症状の1つで肌の弾力がなくなったり、新陳代謝の衰えを招きます。菲薄化対策にはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの保湿成分を補ってあげる化粧品が特に有効です。
また女性ホルモン低下による肌機能の低下対策として、ビタミンEなどのホルモン分泌を促す成分が配合されたエイジングケア化粧品を選ぶ工夫も効果が期待できます。

肌に合わせて早めにケアを

肌の加齢対策をスキンケア化粧品で行うエイジングケアは、一般的にはたるみやシワといったエイジングサインを感じ始める30代から行う人が多く見られます。しかしエイジングケアは肌に合わせて適切な時期から開始することが大切です。
エイジングケアの知識として覚えておきたい点の1つとして、若いころに紫外線を多く浴びるなど肌にダメージが蓄積した量が多い人は、その分だけ肌の衰えも早くなります。
また出産などによって体調の大きな変化を経験した場合もエイジングサインが出やすくなります。そのためエイジングケア化粧品を使い始める最適な時期は人それぞれ違ってきます。
理想としてはエイジングサインが現れる前から開始することが望ましく、そのためにも日々の肌の変化に敏感になっておくことも重要です。

おすすめの記事